鎮西学院幼稚園

鎮西学院幼稚園
ごあいさつ
Greeting
  学院長
鎮西学院学院長
姜 尚中
「遊びの天才」が集う場、
認定こども園
人の本性を「遊ぶ人」(ホモルーベンス)と呼んだのは、オランダの著名な歴史家ヨハン・ホイジンガです。 子どもは、生まれながらの「遊び」の天才であり、子どもにとっては遊びそれ自体が目的で、何かのための手段として遊びに興じているわけではありません。子どもが無垢なのは、遊びを何かのための手段にすることが一切、ないからです。
ただ、遊びのために遊ぶ。子どもは、遊びの世界を築くことで、自分の中に生きる実感を育んでいけるのです。 鎮西学院幼稚園は、そうした遊びの天才である子どもたち一人ひとりを神様から授かったかけがえのない命とみなし、これまで諫早の地で幼児教育に励んできました。
そして来年度より幼稚園は、地域の中で、地域と共に子どもたちが自分と同じ仲間と交じり合い、共に遊びを分かち合う認定子ども園として再生することになります。 地域の多様性の中の個性が響き合う場がわが鎮西学院であり、その中で認定子ども園は学院の宝であり、また地域にこれまで以上に着床しようとする鎮西学院の未来の姿を先取りしています。
遊びの天才たちが集い、屈託なく遊びに興じ、それを通じて自分以外の他者と共に生きる作法を学ぶ場としてわが学院の認定子ども園の新しいページを皆さんと一緒に築いていきたいと思います。
ごあいさつ
Greeting
園長
原田 裕子
「子どもは神さまから預かった
大切な宝物。
一人ひとりを大切に。」
 子どもは、神さまから預かったかけがえのない存在であり、未来を担う宝物です。その個性をありのままに受け入れ、人格を尊重し、一人ひとりを大切に育みます。
 子ども達が安心して過ごす中で、様々な豊かな経験を通し、自分に自信を持ち、自分らしい歩みができるように見守ります。
 当園の特徴は、大学・高校が併設、緑豊かな広々としたキャンパス内すべてが子ども達の遊び場ということです。学院内の恵まれた自然の中で、お兄さんお姉さんたちにも見守られながら、のびのびと生活しています。  夢中になって遊び、工夫し、納得するまで繰り返す中で思考力や探求心が育まれ、「生きる力」となっていきます。友だちと関わり、ぶつかり合い、悩んだり考えたりしながら やがて友だちを理解し、「共に生きる力」を身につけていきます。
 私たち教職員は、幼児期は人生の基礎を培う大事な時期をいうことをしっかりと心に留め、子ども一人ひとりを大切に支え、育みます。  2023年度からは、認定こども園として新たなスタートをし、保護者様の就労の有無に関わらず、お子様の入園が可能となります。
これまでの長い歴史の中、お支えいただきました地域の方々に恩返しができるよう、幅広い子育て支援活動などの充実を図り、若い保護者の方々が安心できるような温かい場所を目指して参ります。
スタッフ紹介
Staff
子ども達が
大好きな先生たち
主任・担任・保育補助
クラス補助
事務・養護、預かり保育
バス運転手、用務
※2022年7月時点
幼稚園のあゆみ
History
 
あなたの若い日に
あなたの造り主を覚えよ
聖書のみことばと、創立の精神を
受け継いでいます。
沿革
1881年(明治14年)長崎市東山手に鎮西学院の前身である
カブリー・セミナリーが
米国人宣教師C・Sロング博士によって創立されました。

敬虔な信仰の持ち主であった博士は、
教育は知育・体育・徳育或いは情操教育の他に、宗教に基づく精神教育を通して
人格の形成を併せて行わなければならないとの信念に立って、宗教教育を施す
学校を設立されたのでした。

鎮西学院幼稚園はこの創立の精神を受け継ぎ、幼児教育の機関と、聖書のみことば
「あなたの若い日にあなたの造り主を覚えよ」 に動機づけられて
1955年(昭和30年)に設立されたものです。
まずは、1度見学に来てみませんか?